クラウドへの移行

AppDynamics のアプリケーション プラットフォームでは、アプリケーション パフォーマンスの問題、リソースの依存関係、移行が成功しているかの分析情報を、自動かつリアルタイムで取得できます。これにより、安心してクラウドに移行できます。

クラウドへの移行を安心して加速させる

現在のアプリケーションリソースを基にクラウドサーバの要件を評価して、パフォーマンスの問題を迅速に特定し解決します。環境全体とそのすべての依存関係を把握することで、移行を成功に導きます。

エンドユーザ エクスペリエンスの問題を検出

エンタープライズクラスのユニファイド アプリケーション パフォーマンス モニタリング プラットフォームによって、ビジネスに影響を与える問題を回避できます。このプラットフォームでは、高度な機械学習を活用してエンドユーザ エクスペリエンスを向上させます。

 

依存関係を可視化し、移行のリスクを低減

動的アーキテクチャと KPI ダッシュボードで、すべてのアプリケーションの依存関係とパフォーマンス要件を確実に把握できます。これにより、クラウド移行計画を効果的に優先させることができます。

 

クラウド移行の成功を証明しやすい

技術とビジネスのパフォーマンスメトリックの関連付け、比較、対比をリアルタイムに行い、すべての主要なマイルストーンで成果を検証可能です。

 

 




ユーザエクスペリエンスの問題をただちに発見

AppDynamics フローマップにより、すべてのアプリケーションのパフォーマンスと依存関係(SAP とメインフレームなど)を完全に可視化できます。ビジネストランザクションを介した Web、モバイル、IoT アプリケーションやビジネスプロセス全体の主要なユーザジャーニーを、オンプレミス、クラウド(AWS、Azure、OpenShift、PCF の各環境)にかかわらず、プロアクティブに監視できます。

 




ハイブリッド クラウド アーキテクチャ全体で根本原因の分析を迅速化

技術的な問題がクラウド移行の妨げになることはありません。認知エンジンにより、AI を利用した根本原因の分析と異常検出が可能になるため、正確なアラートを受信可能です。設定に時間をかけたり、問題発生の原因をあわてて調査したりせずに済みます。

 




正確な評価と計画

すべてのアプリケーション、エンドユーザ エクスペリエンス、および主要なインフラストラクチャのメトリックに対し、動的にベースラインが設定されます。これにより、パフォーマンス特性の洞察をすぐに得られ、プランニング、優先順位付け、クラウド インフラストラクチャのサイジングを容易に行えます。また、ダッシュボードを作成して、SLA の準拠状況をリアルタイムで表示できます。

 

 

インテリジェントなスケールアップとスケールダウン

ビジネスパフォーマンス、ユーザエクスペリエンス、アプリケーション遅延の各情報に基づいて、柔軟なアプリケーションを拡張できます。Cisco Workload Optimization Manager(Turbonomic)と Cisco CloudCenter とのシームレスな統合により、常にユーザエクスペリエンスのニーズを満たすようにクラウドリソースを割り当てられます。

 




移行後の成功を検証

AppDynamics Business iQ では、クラウド移行前後の比較分析を迅速に行えます。これにより、技術とビジネスの観点からクラウド移行の成功を簡単に示すことができ、イノベーションが加速します。

 

AppDynamics を使ってクラウドへの移行を始める

クラウド移行を成功に導く信頼できるパートナー

私たちは皆様からの信頼を軸に事業を行っています。お客様のデータの整合性を保護し、AppDynamics Software as a Service(SaaS)がお客様の期待以上であるように努めています。

お客様の声

「インターフェイスから視覚的かつ直感的にトランザクションをトレースする機能は AppDynamics で得られる大きな利点でした。この可視性は、Nasdaq がプラットフォームを社内インフラから AWS クラウドに移行した際、特に役立ちました」

Nasdaq 社 コーポレート ソリューション テクノロジー担当上級副社長Heather Abbott 氏

関連情報

AppDynamics のデモをご覧ください。

デモを見ることで、AppDynamics の利点を理解できます。