AWS モニタリング

Amazon Web Services(AWS)向けに開発されたフルスタックのパフォーマンス監視を利用することで、クラウドへの移行を促進し、AWS クラウド上で稼働するすべてのアプリケーションについての高い精度の洞察を入手できます。

AWS に移行して成果を促進

WS への移行後にアプリケーションが期待どおりに稼働していることを検証できます。一貫性と客観性を備えたエンド ユーザ エクスペリエンスのメトリックがデータに基づいて計測されるため、移行前後でアプリケーションのパフォーマンスを比較し、成果をすばやく検証できます。

 

安心して移行

静的な構成管理データベースの多くは時代遅れで、アプリケーションの依存関係を把握できないため、AWS への移行に時間がかかります。AppDynamics ではリソースとアプリケーション パフォーマンスのベースラインを自動的に測定でき、リアルタイムのデータに基づいてフローマップを作成できるため、コンポーネント間の依存関係を簡単に可視化できます。これにより十分な情報に基づいてプランニングを行えるようになるため、移行時の不安が解消されます。

 

 

 

ハイブリッド環境でもパフォーマンスを確保

AppDynamics では、従来型環境かハイブリッド環境かクラウドネイティブ環境かを問わず、あらゆる環境下のアプリケーションをエンドツーエンドで一貫してモニタリングできます。そのためアーキテクチャに関係なく同じレベルの可視性を維持できます。わずか数クリックで問題の根本原因を特定できるユニファイドモニタリング機能により、パフォーマンスの問題がビジネス上の問題に発展する前に原因をすばやく解決できます。AppDynamics プラットフォームでは AWS 環境かハイブリッド環境かを問わず既存のユーザ、プロセス、トレーニングを活用できるため、総所有コストを最適化できます。




クラウド ネイティブ アーキテクチャをすばやく調整

Amazon EC2、Amazon ECS、Amazon EKS、AWS Fargate、AWS Lambda といった、AWS の基盤環境の種類を問わず、アプリケーションを一元的にモニタリングできます。AppDynamics は業界で最もスケーラブルなアプリケーション モニタリング プラットフォームであるため、マイクロサービスやサーバレスアプリケーションのモニタリングをシームレスにスケーリングできます。また、問題の根本原因を自動的に分析でき、マイクロサービスやコンテナ環境の間で連鎖的に発生している問題によって膨大な数のアラートが生成されるのを防止できます。




ビジネス成果に対する効果を最大化

カスタマーエクスペリエンスの質、アプリケーションのパフォーマンス、ビジネス成果に対する効果の間の相関関係を簡単に把握できます。これにより IT チームが各部署との間で共通の言葉を用いて意思疎通を図れるようになるため、単なるサポート役としてではなく、より積極的にビジネス成果に貢献できるようになります。

 

 

 

AWS Marketplace

 

出品者向けプライベートオファー

✓ 固有の要件に基づいて価格を設定

✓ 技術上のニーズやビジネス上のニーズに基づいて条件を交渉

✓ 交渉成立後 AWS Marketplace へ出品

「AppDynamics を利用してアプリケーションのパフォーマンスをリアルタイムでモニタリングし、クラウドへの移行を加速することで、お客様は AWS ならではの充実したサービスと俊敏性がもたらす多大なメリットを得られます」

AWS Marketplace & Service ビジネス開発担当ゼネラルマネージャ

お客様の声

 

「AppDynamics のインターフェイスを通じて視覚的かつ直感的にトランザクションをトレースできるようになったことで多大なメリットがもたらされました。この可視性は、Nasdaq がプラットフォームを社内インフラから AWS クラウドに移行した際、特に役立ちました」

Nasdaq 社コーポレート ソリューション テクノロジー担当 SVP、Heather Abbott 

AppDynamics のデモをご覧ください。

デモを見ることで、AppDynamics の利点を理解できます。