リアルユーザモニタリング
(RUM)

強力なパフォーマンス管理をエンドツーエンドで実現し、ユーザエクスペリエンスに関する実用的なインサイトを入手できます。リアルユーザモニタリングを使ってカスタマーエクスペリエンスの全体的な推移をリアルタイムで追跡すれば、パフォーマンスの問題をプロアクティブに解決できます。

リアルユーザモニタリングでユーザエクスペリエンスの推移を追跡

ユーザエクスペリエンスの推移を最初から最後まで一元的に可視化して追跡できます。ユーザセッション、ネットワーク要求、クラッシュイベント、パフォーマンスボトルネックに関するデータをリアルタイムで分析することで、平均修復時間(MTTR)を大幅に短縮できます。

統合監視について詳細はこちら>

ブラウザ リアルユーザモニタリングとモバイル リアルユーザモニタリング

ユーザの行動を完全に可視化することで、Web サイトやモバイルアプリケーションのユーザエクスペリエンスを最適化できます。Experience Journey MapsBusiness iQを利用することで、アプリケーションのパフォーマンスがビジネス成果に与える影響を把握できます。

場所、デバイスタイプ、オペレーティングシステム、各ページの閲覧に費やされた時間などに関するセッションデータから、ユーザエクスペリエンスの改善に役立つ実用的なインサイトが導き出されるため、より緻密なセグメンテーションが可能になります。

リアルタイムメトリック

使用状況をリアルタイムで把握できる詳細なメトリックにより、カスタマーサービスを改善し、コンバージョン率を高めることができます。ページフロー、直帰率、ビジネストランザクションが主要業績評価指標(KPI)に及ぼす影響も追跡できます。また、ユーザインタラクションのリアルタイムデータに基づいて迅速に意思決定を行い、MTTR を短縮することもできます。

ブラウザ シンセティック モニタリングと RUM の比較

ブラウザ シンセティック モニタリングは、開発段階で威力を発揮するツールであり、ユーザエクスペリエンスの推移をシミュレートするスクリプトにより潜在的なパフォーマンスの問題を特定することで、最終的にリリースされるアプリケーションの改善に役立ちます。

RUM は、長期的な傾向を調査し、実際のユーザジャーニーを追跡してエクスペリエンス全体を包括的に把握することで、パフォーマンスの問題がビジネス成果に与える影響を測定するのに役立ちます。

「このツールは、シームレスなトレーサビリティに加え、APM とビジネスでの製品の利用状況を結び付けて可視化します。」

Nasdaq 社コーポレート ソリューション テクノロジー担当上級副社長 Heather Abbott 氏

これまでにない方法でアプリケーションを可視化する